麻雀はネットでやる時代

最近麻雀をやる人口が増えています。
男性だけではなく、女性やお年寄りと言ったように、すそ野を広げています。

 

今までの麻雀のイメージは、どこかアンダーグラウンドのような、堅気の人が近づけないような雰囲気のイメージを抱く人が多かったと思います。
しかし、最近では競技麻雀と言った、お金をかけない、純粋なスポーツとしての麻雀を行う場所も増えています。
さらには、禁煙化を進めている雀荘もあり、なおさら女性やお年寄りが入りやすい雀荘が増えています。

 

しかし、麻雀は競馬やボート、競輪などのギャンブルと違いルールを覚えなければなりません。
覚えたら簡単なのですが、覚えるまでが本当にやっかいです。

 

今までは麻雀のルールを覚えることで挫折をしてしまい、麻雀から離れてしまった人もいたと思います。
しかし、ネット麻雀の普及と共に、気軽に自宅で麻雀のルールを覚えることができます。
そうすることで、実際に雀荘に行って、リアルの場で人と卓を囲むことができるのです。

 

麻雀は他のギャンブルとは少し異なり、運だけのものではありません。
確かに、運も大半を占めているのですが、運と一緒にある程度の頭の回転も必要となります。
頭を使うということはそれだけ頭の老化を防ぐことができるのです。

 

初心者の方はぜひネット麻雀で、麻雀のルールを覚える場所にすると良いでしょう。

オンライン麻雀ゲームと聞いて、人によって様々な反応を見せるものです。
少なくとも、悪いというイメージをもっているのは中高年が多く、若い世代はよくわからないという反応を見せてきます。
何にしても適度に遊ぶ分には麻雀はいいものです。
老若男女、誰でもできるものです。
ルールもそれほど複雑なものでもないので、ある程度練習すればすぐにできるものです。
麻雀というと四人必要ですが、最近ではパソコンでもゲームでも、麻雀というタイトルがあるので一人でも割と簡単にできます。
ネットを使って麻雀をすることも珍しいことではなく、知名度は高い遊びと言えます。
やり始めのうちは、何をどうすればいいのか分からないものですが慣れてくると楽しいものです。
次に何の牌がくるか分かりませんし、捨て牌の状況によっても戦略が変わってくるので奥深いものです。
昔から続いている理由は、単純なようで難しいからだと思います。
もちろん、オンライン麻雀ゲームに限らずに熱中し過ぎて生活に支障がでてはいけません。
また、頭を使うわけですから記憶力や集中力にいい影響がでる可能性があります。
気分転換の方法としても使えるので、用途はいろいろあるものです。
要は使い方次第です。
遊びの範疇を越えなければ、麻雀はとても楽しいものです。

 

オンライン麻雀ゲーム

続きを読む≫ 2014/04/11 10:22:11

麻雀の本当の打ち方は、学生時代に覚えました、

 

会社勤めの頃の昔のことになりますが、年に何回か社員旅行や慰安会があり、その都度メインの宴会が終わると、その後は決まって宵の口まで麻雀を楽しんだものです。 ところが、今では社員旅行も宴会も少なくなり、同時に麻雀の楽しみも少なくなってカラオケが主流になってきているようですが。 
当時は、宴会の後には肝心な麻雀が控えているということで、飲酒の量を控えめにして出来るだけ酔っぱらわないようにして、その後の実戦である麻雀に望んだものでした。
ところで、小生が麻雀を本格的に覚えたのは大学へ入ってからでした。 こんなだじゃれた川柳というか、ドドイツ御存じでしょうか・・?。
”立てばパチンコ 座れば麻雀 歩く姿は質屋行き”
昔の学生はバンカラ風で、パチンコにしろ麻雀にしろ、遊ぶ時は徹底的に遊び、学ぶ時は本気で勉学もしたものでした。 小生は子供のころから打ち方は知っていたので、麻雀党へは当然ながら入会し、徹底的に仕込まれ、懸命になって覚えたものでした。
何しろ、学生寮には麻雀同好会なるものが有りましたものです。 同好会に入会すると一年生などは一種の世話係で、メンバーを決め、場所を決め、飲食の世話までするのです。

続きを読む≫ 2014/04/08 10:55:08

麻雀はシンプルなゲームのように見えて何かとルールがごちゃごちゃしているゲームです。

 

基本的には運の要素が多い絵合わせゲームなのですが、罰則も多いしとっつきにくいという印象をもつ人も少なくないかもしれません。

 

しかし、ネット麻雀ではそういったとっつきにくさをすべてクリアしてくれます。
これから麻雀を覚えたいという人にはネット麻雀はぜひおすすめです。

 

まず、一番のポイントとしては麻雀においてはじめのハードルとなる、上がれるかどうか、リーチをかけていいのかだめなのかということをコンピュータが判断してくれるということです。リアル麻雀でよくみられる、あがれない形なのに手牌を倒してゲームを台無しにしてしまうということがありません。
また、次のハードルとなる点数計算もコンピュータが素早く行ってくれます。

 

さらに、ほぼ無料ではじめられるという点も特筆できます。雀荘に行くと何かとお金がかかりますが、ネット麻雀はパソコンとネット環境さえあればほとんど無料ではじめることができます。

 

麻雀は多くの人とコミュニケーションをとれる面白いゲームです。その入門の足かせとなってしまうデメリットを省き、コミュニケーションの面白さをクローズアップしてくれるのがネット麻雀だといえます。

 

 

続きを読む≫ 2014/04/08 10:54:08

麻雀の面白さや醍醐味ってなんでしょうか。
同じ卓を囲んでいる相手から上がることでしょうか?
それとも、役満をあがることでしょうか?
醍醐味と感じる部分は人それぞれだと思います。

 

では、ネット麻雀とリアルの麻雀の違いはなんでしょうか?
それは気ごころ知れた仲間と打てないということです。

 

確かに、同じ時間にネット麻雀にアクセスし麻雀を行うことは出来るのかも知れません。
しかし、仲間と麻雀をうつ醍醐味は、仲間から上がることでもなく、ましてや役満を上がることでもありません。
確かに、仲間から上がったり、役満を上がることは楽しいことは楽しいです。
しかし、それ以上に仲間内で打つことの醍醐味とは「楽しいおしゃべり」ではないでしょうか?

 

ネット麻雀にもチャット機能はついています。
しかし、麻雀をやりながらキーボードを打つのはなかなか難しいのではないでしょうか?
リアルな麻雀ならば別にキーボードを打つこともなく、そのままの状態でしゃべることができます。
しゃべることで最近の近況を知れたり、愚痴を聞いたり。
いろんなことができます。

 

物理的に遠いために集まることができずネット麻雀で仲間内で打つのも良いのかもしれません。
しかし、仲間内で打つ時は、リアルに同じ卓を囲むことをおススメします。

続きを読む≫ 2014/04/08 10:53:08